経済・経営・商系学部大学難易度ランキング(2013):『週間東洋経済』(2013.11.2)


スポンサードリンク

経済・経営・商系学部大学難易度ランキング(2013):『週間東洋経済』(2013.11.2)

大学偏差値情報局です。

今回は、『週間東洋経済』(2013.11.2)の記事から「学部別難易度ランキング」のご紹介です。今回は経済・経営・商学系大学難易度ランキングをご紹介します。

難易度は河合塾が設定したボーダーラインを使用しています。国公立大学と私立大学が同居するランキングなのでとても興味深い反面、入試方法が違うので単純に比較できない点に注意してください。

では、さっそくいってみましょう!

経済・経営・商学系学部大学難易度ランキング(2013):『週間東洋経済』(2013.11.2)

※数値は難易度(偏差値)。同位の大学の数値は省略。

1位 東京大学 文科二類 70.0

2位 一橋大学 商学部 67.5

2位 早稲田大学 政治経済学部

2位 京都大学 経済学部

5位 一橋大学 経済学部 65.0

5位 慶応義塾大学 経済学部

5位 慶応義塾大学 商学部

5位 上智大学 経済学部

5位 立教大学 経営学部

5位 早稲田大学 商学部

11位 青山学院大学 経営学部 62.5

11位 明治大学 商学部

11位 名古屋大学 経済学部

11位 大阪大学 経済学部

11位 神戸大学 経営学部

16位 北海道大学 経済学部

16位 青山学院大学 経済学部

16位 青山学院大学 国際政治経済学部

16位 明治大学 政治経済学部

16位 明治大学 経営学部

16位 立教大学 経済学部

16位 横浜国立大学 経済学部

16位 名古屋市立大学 経済学部

16位 同志社大学 経済学部

16位 同志社大学 商学部

16位 神戸大学 経済学部

16位 九州大学 経済学部

出典:『週間東洋経済』(2013.11.2)

大学生の就職難を背景に文系より理系の人気が高い「理高文低」の傾向が続いいます。この系統でも志願者が減少した大学が多いようですが、経営学部や商学部は公認会計士や税理士などの資格に結びつくことから難易度はあがっているようです。

また、全学部が同じ日に試験を行う「全学部統一日程」の導入によって、立教・経営、明治・商、青学、同志社などは難易度と志願者が増えているようです。

法学系学部大学難易度ランキング(2013):『週間東洋経済』(2013.11.2)


スポンサードリンク

法学系学部大学難易度ランキング(2013):『週間東洋経済』(2013.11.2)

大学偏差値情報局です。

今回は、『週間東洋経済』(2013.11.2)の記事から「学部別難易度ランキング」のご紹介です。今回は法学系大学難易度ランキングをご紹介します。

難易度は河合塾が設定したボーダーラインを使用しています。国公立大学と私立大学が同居するランキングなのでとても興味深い反面、入試方法が違うので単純に比較できない点に注意してください。

では、さっそくいってみましょう!

法学系学部大学難易度ランキング(2013):『週間東洋経済』(2013.11.2)

※数値は難易度(偏差値)。同位の大学の数値は省略。

1位 東京大学文科一類 70.0

2位 一橋大学法学部 67.5

2位 慶応義塾大学法学部 

4位 上智大学法学部 65.0

4位 早稲田大学法学部

4位 京都大学法学部

4位 大阪大学法学部

8位 中央大学法学部 62.5

8位 名古屋大学法学部

8位 神戸大学法学部

11位 北海道大学法学部 60.0

11位 東北大学法学部

11位 明治大学法学部

11位 立教大学法学部

11位 同志社大学法学部

11位 九州大学法学部

17位 千葉大学法経学部 57.5

17位 青山学院大学法学部

17位 学習院大学法学部

17位 法政大学法学部

17位 立命館大学法学部

17位 大阪市立大学法学部

17位 関西大学法学部

24位 國學院大学法学部 55.0

24位 成蹊大学法学部

24位 南山大学法学部

24位 関西学院大学法学部

24位 広島大学法学部

出典:『週間東洋経済』(2013.11.2)

上位の3校をのぞき、近年法学部の難易度は全体的に下がっています。新司法試験の合格率の低さや公務員不人気の影響で受験生の法学部離れが進んでいるようです。逆に、法学部志望の受験生にはチャンスといえるでしょう。

本当に強い大学ランキング:『週刊東洋経済』(2013.11.2)


スポンサードリンク

大学偏差値情報局です。

今回は、『週刊東洋経済』(2013.11.2)の記事から「本当に強い大学ランキング」トップ20のご紹介です。このランキングは、大学の教育力、就職力、財務力の3つのカテゴリーそれぞれについて、3〜4項目の指標を設定し、刑10指標を偏差値に換算、その合計を10で割ったものを総合ポイントとしてランキングしたものです。

では、さっそくいってみましょう!

本当に強い大学総合ランキング(2013)

※数値は総合ポイント

1位 東京大学 78.8

2位 京都大学 69.0

3位 慶應義塾大学 68.4

4位 大阪大学 65.7

5位 豊田工業大学 64.8

6位 早稲田大学 63.3

7位 東北大学 63.0

8位 東京工業大学 61.5

8位 名古屋大学 61.5

10位 九州大学 60.1

11位 一橋大学 58.7

12位 北海道大学 58.5

13位 順天堂大学 57.7

14位 神戸大学 57.6

15位 創価大学 57.2

16位 自治医科大学 56.3

16位 東海大学 56.3

18位 高知工科大学 56.1

19位 大阪市立大学 55.9

20位 東京歯科大学 55.7

出典:『週刊東洋経済』(2013.11.2)

このランキングは、大学の難易度(偏差値)にとらわれない大学の「強さ」(教育力・就職力・財務力)を教えてくれるので、毎年非常に興味深く見ています。全国的に知名度のある難関大学のなかに「地元の名門大学」が混じっているのがユニークですね。

今年は、就職に強い理系大学の健闘がめだったようです。5位にランクしている豊田工業大学はトヨタ自動車関連企業への就職が多いので有名ですが、東海大学が16位に、高知工科大学が18位にランクしているのも就職率や主要企業就職率が増えたからで、偏差値では表されない大学の本当の「強さ」を示しています。

他に、医科系の大学、技術科学系の大学の強さも目立っています。後者に関しては、上で挙げた高知工科大学の他に、長岡技術科学大学が22位(16ランク上昇)、豊橋技術科学大学が26位(21ランク上昇)、千葉工業大学が25位(19ランク上昇)にランクしています。

ちなみに、最近の文化系の注目株、「国際」系大学のトップランナーとして一世を風靡している国際教養大学は5ランク下がったものの、21位にランクしています。